RUTSUBOX

気になる・不思議・やってみた!-るつぼっくす

メルカリの手数料高すぎやでって人はラクマが良いかも!手数料無料フリマアプリ3つ

春の紫外線はなぜ強いの?紫外線対策はいつからいつまでするべき?

      2015/04/29

皆さん紫外線対策はいつから(何月から)始めますか?

 

「紫外線対策は夏が本番なので、春からちょろちょろ始めて夏ガッツリ。」という人や、

「うーん夏しかしない!」という人も多いかもしれません。

 

でも、

・春の紫外線のほうが夏より強い
とか

・実は5月がピーク

・っていうか1年中注意よ!!

というハナシを聞いたことありませんか?

 

確かに、紫外線は夏が一番キケン、と思っているのは間違いで

春の紫外線も本当はとってもコワイんです。

 

今回は、

・春の紫外線のほうが夏より強いの?
・5月が一番強いの?

・じゃあ何月から何月まで対策するの?
・っていうかやっぱり1年中ですか!?

 

というところを、
年間の紫外線量やUVA・UVBの徴候から解説しますね。

 

スポンサードリンク

 

まずは紫外線UVBとUVAの違いを知ろう

紫外線対策の目安として考えるのは、
もちろん紫外線量ですね。

 

地上に届く紫外線は2種類あります。

波長の長い方からUVA(紫外線A波)UVB(紫外線B波)です。

 

それぞれが私たちの肌に与える徴候は異なり、
それぞれの年間の量の推移も異なります。

ここが、紫外線対策のキモとなります。

 

多くの人が「紫外線といえば……」で
思い浮かべるのは、UVBの兆候だと思います。

UVB(紫外線B波)

・地表へ届く紫外線の約%。
・波長が短く、肌の表面までで奥には届きません。
・しかしUVAより強いエネルギーで、火傷のような影響を与えます。
・日焼けや炎症、しみ・そばかすの原因に。

 

肌が赤くなったり、日焼けしたりというのは、
多くの人が持つ紫外線のイメージではないでしょうか?

 

このUVBは5月からだんだんと強くなり、
6月~8月がピーク
になるまさに夏の紫外線です。

 

あれ?ピークは夏ですね?

紫外線対策も
5月ごろから始めればOKってことかしら?

 

というと、問題になるのがUVA(紫外線A波)なのであります。

UVA(紫外線A波)

・地表へ届く紫外線の約95
・波長が長く、UVBより弱いエネルギーです。
・しかし浸透力があり肌の表面だけでなく奥の真皮まで届きます。
・コラーゲンやヒアルロン酸などを作る肌の奥の細胞に影響を与えます。
・ハリや弾力を失い、シワやたるみの原因に。

 

怖いですよね、紫外線A波。
肌の奥まで攻撃します。

 

ピークは4月~8月で、
5月が一番量が多いと言われています。

 

UVAは一年中降り注ぐ

また何が怖いって、年間量の変動が大きいUVBと違い、

UVAは変動が少ないんですね。

 

▶UVBの場合は
冬はピーク時の1/5程度なんですが、

▶UVAの場合は
冬でもピーク時の半分以上あるんです。

 

そのためUVBはレジャー紫外線、UVAは生活紫外線なんて言われています。

 

スポンサードリンク

 

春の紫外線が一番強い?

春の紫外線が一番強いというのは違います。

 

紫外線の強さには、太陽の高度が関係するので

最も高くなる夏至(6月後半)が紫外線が最も強力なものになるからです。

(詳しくはもうひとつ下の見出しで説明。)

 

ただ上記のように、
真皮にまで届き細胞を傷つけるUVAは

一年中降り注いでおり、ピークは4月~8月となっています。

 

日差しが強くなってくる5月あたりから
紫外線を気にかける人は多くても、

冬や日差しの落ち着いている時期は気にしてない方が多い。

 

日焼けなどの分かりやすい症状がでなくても、UVAは真皮に届きお肌のハリを失わせます。

 

この「うっかり紫外線あたりまくり
に注意が必要で、コワイといえるのが春なんです。

 

紫外線は5月が一番強い?

紫外線が一番強いのは夏至(6月後半)ということでしたが……?

 

実際に記録される紫外線量は、
天候による日照時間・オゾン層の季節変化等が加味されます。

よって紫外線量の数値のピークは夏となっています。

 

紫外線が強いということで言えば、
紫外線の95%を占めるUVAのピークであるのが5月、

また梅雨(夏至)を挟んだ5月・夏が強いと言えるわけです。

 

天候が影響しているというだけで、

夏至あたりの時期で晴れの日が最も紫外線が強いことに変わりはありません。

 

晴れ間などは強力な紫外線が降り注ぎます。

また薄曇りでも晴れの日の6~8割、大雨でも3割は紫外線が届いています。

気をつけましょう。

 

紫外線対策はいつからいつまでやる?

ということで、UVB対策について言えば4月5月からでOKなのですが、

UVA対策は一年中必要なんですね。

 

がっつりした紫外線対策は4月~9月くらいを目安に。

▶夏は特にUVB対策に注意。
▶UVA対策は3月、10月も忘れず、1年中気をつけましょう。

 

生活紫外線・UVA対策

家の中なら窓からの紫外線も意識してみてください。

UVAは窓ガラスも通り抜けますから、

冬場の日差しに顔があたったまま寝ているとかもキケンです!
(冬場にかぎらずコレワタシ……)

 

外出時は帽子を被るとか、日陰を歩くとか
それだけでも違います。

日焼け止めなら、
UVB防御のSPFは低くて良いので、UVA防御のPAの防御力に着目してみましょう。

 - ■夏のお役立ち, ■春のお役立ち, ■美容・健康

スポンサードリンク
いつもシェアありがとうございます!!!

  関連記事

higasa
日傘はいつから差すべきか 何月から何月まで?時間帯は何時まで?

春めいた日差し、そろそろ日傘の季節? 肌につける負担や煩わしさもなく手軽で、 紫 …

disney
ディズニーランドのアナ雪イベント・フローズンファンタジー混雑への影響予想

東京ディズニーランドで1月13日から3月20日まで開催されるイベント『アナとエル …

C824_choko3500
バレンタインチョコ自分にご褒美で買いたくなったおすすめ4選

もうすぐバレンタイン♪ 彼氏や好きな人に贈る「本命チョコ」に、上司などに贈る「義 …

present
バレンタイン甘いものが苦手な上司同僚(義理向け)へおすすめ甘くないお菓子4選

もうすぐバレンタインデー! 誰に何を贈ろうと考えたり準備したりしている人も多いの …

By: Rachel Kramer
尿路結石の原因になりやすい食べ物飲み物、再発を予防する食事療法

尿路結石、怖いですよね。 群発頭痛、心筋梗塞の痛みに次いで、「三大激痛」なんて言 …

目が痛い
スマホゲームにPC…なかなかとれない目の疲れをとる方法

パソコンにスマホ、テレビなど液晶画面だらけの現代社会。 寝てもとれないような目の …

脚
浴衣の足元は下駄以外でもOK?浴衣に合うサンダルの選び方

花火大会やお祭りなど、夏のイベントの女の子の「正装」といえば浴衣ですよね。 足元 …

eating
食欲がとまらない!冬に食欲が増す理由を知ってこの食欲を抑えるぞ!

冬ですね(´ェ`) 最近食欲が止まらないんですが、冬のせいなのでしょうか? &n …

By: ZoAmichi Kai
お盆のお供えのまずい落雁の美味しい食べ方!リメイク活用法

お盆やお彼岸のときなどにお供えする落雁。 ▶ 落雁をお供えする理由とは? &nb …

By: LadyDragonflyCC - >;
ミネラルウォーターや浄水で氷を作るのはダメなの?カビや雑菌が理由なの?

普段から水道水ではなく ミネラルウォーターを飲んでいるという人も いらっしゃると …